Tokina AT-X 28〜70mmF2.8レンズの描写について

はじめに

ズームレンズの進歩はめざましく開放F値がF2.8コンスタントのレンズも決して珍しい物ではなくなりました。
ただ純正レンズはお値段が高く購入するには気力と財力が必要な事も確かです。その点交換レンズメーカー製は
少しだけ安く気軽に購入に踏み切ることができます。(とは言っても高いことには変わりありませんが)
今回はトキナー製28〜70mmF2.8をテストする機会に恵まれましたためそれを記したいと思います。

使用機材

トキナー28〜70mmF2.8(キャノン用)
キャノン EOS7
コニカクローム森羅

撮影方法

3本の缶ジュースを用意し、手前右側の缶にフォーカスを合わせた。
その後絞りを変化させて絞り優先にて撮影した。

撮影風景


 

撮影結果

歪曲収差及び周辺減光の有無

 樽型
 若干の樽型
 微少の糸巻き型
 糸巻き型

焦点距離28mm時の撮影結果




焦点距離50mm時の撮影結果




 焦点距離70mm時の撮影結果





 

外観

手にずっしりと重く、写る予感を感じさせます。花形フードが付属し迷光対策もばっちりの感じです。

28mmの時

歪曲収差は樽型です。開放では、4隅で可成りの周辺光量減光があり、急激に光量が落ちるためイメージサークルが小さいかのような感じを受けました。
F5.6〜F6.7程度でかんじなくなります。後ろのボケ具合は2線ボケですが実写では気にならない程度でしょう。開放ではコントラストの低下があるようです。
F22で0.5EV程の光量減光が見られるようです。最良の解像度が得られるのはF5.6のようです。若干光軸がずれているような気がします。

50mmの時

歪曲収差は殆ど感じません。少しだけ糸巻き型のようです。F4の時0.3EV程度の光量減少があるようですが一般的な実写では感じることもないでしょう。
開放でのボケは2線ボケ。若干のフレアがあり本当に少しだけですがもやがかかったような写真になってしまうようです。最良の画像が得られるのはF8。

70mmの時

歪曲収差は糸巻き型。開放での解像度は高いようです。微妙に周辺に向かって光量が落ちていくのが感じられます。これだけの長さの焦点距離を持つレンズ
ならば無い方が良いのですがズームレンズだと仕方ないのかもしれませんね。F8を最良解像度の得られる絞りとしたいところですが実は開放からF11まで
少しずつしか変わらないようです。F16だと流石に落ちますがそれだって微々たる物です。

まとめ

28〜80F2.8が発売された今では先代モデルとなってしまいましたが、実は安く売っていたりします。非常にお買い得だと思います。
開放では周辺光量の減光がある、等書きましたが、実写では気になることはほとんど無いでしょう。開放で撮るということは光量が少ないとき
ですから周辺光量の減光など写真にしたら気にならないことが多いのです。むしろどんな時でもバンバン撮れる、と言うことを考えた方が良いと思います。
 

付記

EOS 7 とAT-X28〜70mmF2.8を快く貸してくださった錯様に感謝します。

おまけ

実は花形フードは変な形でも付いてしまいます。
 フードが斜めになっていますね。
この状態で写真を撮ると、、、

あららら、画面のけられが発生してしまいました。
レンズのせいにしてはいけません。
私も間違えてつけてしまいました、、、。