甲が島光学研究所 第2研究室

Planar 50mm F1.4 と YASHICA ML50mmF1.7の違いについて

序論
写真好きの人なら Carl ZeIssの名前を聞いた事が少なからずあると思います。色の乗りが良い、ぼけが良い、等々良い評価はよく聞きますが果たしてそんなに良いものなのでしょうか?値段にしてもMLは17000円に対し、Planarは44000円と実に2.5倍です。もし描写性能が変わらないのであれば安い方ですむわけです。
とある人の好意によって Planar 50mmF1.4と YASHICA ML50mmF1.7を入手する事が出来ましたので、それらを実際に使って見ました。
注意
この実験は写真レンズの優劣を決定するものではありません。どちらがどのような描写をし、そしてどのように再現するのか、それを見ていただけたら、と思います。はっきりいってしまえば解像力が高くてコントラストが良いとしても (それはもちろん良いレンズには違いないのですが) 見る人にとって不愉快な描写だったなら意味はないわけです。
また、レンズ固体差といった問題に付いてこの実験は何ら解決策を見出す事は出来ません。

ML50mmF1.7 or Planar 50mmF1.4?

 


F2.0
F4.0
F8.0
F16

シャープさを比較するために左写真の黄色い部分を強拡大している画像を用意しました。

結論
どちらも十分シャープなレンズであり決定的な違いを見出す事は出来ませんでした。(F16についてはPlanarがいいですが) 
私個人としてはそれでもPlanarを使いたいという気もします。つまり私はPlanarというブランドイメージにお金を払おうと思ってしまっているのです。見栄、といっても良いかもしれませんが。


2研メニューへ戻る
August 26,1997(C)Kougasima Optical Laboratory